【第23回参議院議員選挙】不正選挙はあるのか?

選挙
不正選挙を訴える動画(1)

参議院選挙、新宿区開票での不正を訴える方
※再生開始でその箇所に飛びます

<不正選挙のカラクリ>新宿第28投票所に全ての施設票、病院票が集められます。2/6(文字起こし)
みんな楽しくHappy♡がいい♪

不正選挙を訴える動画(2)

2019年5月30日-れいわ新選組 東京四谷事務所開きで同じ方の質問
※再生開始でその箇所に飛びます

はっきり言ってしまうとトップ当選したことになっている。
丸川さんの票とか全部同じ字で書いてあったりして……
字体が同じでそれと同じ字体で、
あの那津男さんだっけ?
そうあの同じ字体で書いてあるんです。
そして、あのコピー票ってのはわかるんです。
何百ない何千枚って触っているとコピー票というのは、
そして、何百枚ってコピーを取ると同じところにインクの染みが出来るんです。
で、何枚も何枚も見てその投票用紙に同じところにシミがあって、
そして
人間の書いた文字っていうのは一人一人顔が違うのと同じように自体も違うはずなんです。
けれど

上から何ミリ下から何ミリ右も左も皆まったく全部同じ文字で
票が出てきたら、それは明らかにコピー票なんです。
そして、やっぱりこれは無効票だと思って、選挙管理委員会のずる賢そうなおじいさんに
すいませんこれ
コピー表だから無効票にしていいんですよね?

だめです。これは有効票です

でも、これ全部同じですよ! 1ミリ違わず全部同じなのに、これ有効票なんですか?

あ、これ有効票に入れてください

あとは動画にてご確認ください

不正選挙を訴える動画(3)

こちらは衆議院のようです。
※再生開始でその箇所に飛びます

不正選挙を訴える動画(4)

こちらは大阪府堺市などの維新の会関連のようです。

第23回参議院議員通常選挙 東京都選挙区

第23回参議院議員通常選挙 東京都選挙区(定数:5人)
平成25年 参議院(東京都選出)議員選挙 選挙公報(pdf)
当時の東京都選挙管理委員会事務局局長:影山竹夫

選挙公報より

新宿替え玉事件

新宿替え玉事件

新宿替え玉事件(しんじゅくかえだまじけん)は、1968年(昭和43年)7月7日に行われた第8回参議院議員通常選挙に際して、公明党や支持母体の創価学会陣営が 不在者投票制度を悪用し本来投票権の無い人間を有権者に仕立て上げ、不正投票を行い逮捕者を出した事件である。
不在者投票というシステム

病院に入院中(介護施設に入所中)ですが、選挙で投票する方法がありますか。

病院に入院中(介護施設に入所中)ですが、選挙で投票する方法がありますか。
回答
入院・入所中の病院や介護福祉施設などで、不在者投票により投票ができます。
(県の選挙管理委員会が指定した施設に限ります。詳しくは、各施設の事務局にお問い合わせください。) ■ 不在者投票の方法
(1)施設の長(不在者投票管理者)に、投票用紙の請求を依頼してください。
(2)施設の長(不在者投票管理者)が、選挙人の属する市区町村の選挙管理委員会に対して、代理で投票用紙等を請求します。
(3)選挙管理委員会は、施設の長(不在者投票管理者)に対して、選挙人の投票用紙等を交付します。
(4)選挙人は、施設の長(不在者投票管理者)の管理のもとで投票します。
(5)施設の長(不在者投票管理者)は、投票済みの投票用紙等を、選挙人の属する選挙管理委員会へ送ります。
※選挙人自らが、選挙人の属する選挙管理委員会に投票用紙を請求することもできます。『注意事項』
一連の手続きは、郵送にかかる日数の関係上、投票用紙の請求等は、お早めにしてください。
東京都選挙管理委員会の年表と不正選挙の年表の比較

東京都選挙管理委員会の年表と不正選挙の年表の比較